ぶるがなんとなくかいてるぶろぐ

3人家族転勤族ふあふあしながら生きてます

【家計】2019年の家計予算

【月々編】

▶収入は夫の手取りのみ(約220000円)

▶支出項目

(固定支出:84473円)

夫婦小遣い/保険(収入、終身、学資)/駐車場代/アルバムプリント代

(準固定支出:約27000円)

電気ガス水道/幼稚園(保育料部分除く)/習い事/通信費

(その他変動費:約77000円)

食費/日用品費/衣服・美容費/交通・車関係費/医療、娯楽、他費

 ▶貯金(30000円)

 

【特別費】

▶約1200000円

帰省費(5月8月12月:24万)/自動車保険自動車税、車のメンテ(10万)/NHK/保育料(30万)/冠婚葬祭(今年はやばい)/旅行費(特別休暇が取れるので25万贅沢...)/ドル建て保険(貯蓄15万)

 

今年は4月の業績賞与がないのと去年より手当がかなり少ない見込み

なのに圧倒的に出費が多い

いとこたちが適齢期を迎えたこともあって結婚式と出産が多い!!!

みんなもう少しばらけてくんないかな。。。

3組もいとこの結婚式でなきゃとか

破綻だよ!!!!!!!!!

 

現金年100万はぜんぜんぜんぜんムリダ!

現金だけで言うと年35万くらいしか残らないぞ(;´・ω・)

赤字にならないだけいいとしよう。。。(ゆるい)

目標は去年と同じく現金40万で...!!!

 

我が家の家計は完全に私にゆだねられているのでどこまで何を削るのかっていう話になります。

 たぶんもっと削れるところは「食費」「日用品費」「衣服費」「妻の小遣い」

でも削ったらだめだなと思っているところは「食費」

限界までやれば賞味期限ぎりぎりのものとか値引きシールのものとかばっかり買ってきたらうまくできると思うしもやしばっか食べるのも手、嗜好品であるお菓子とか漬物とか緑茶とか買わなければガンガン下げれると思う。

一日1000円スタンスで3万円でやってた時もあるけど、やっぱり外食もしたいし子どもにはなるべくいいもの食べさせたいという思いが勝ってしまって35000円にしたり40000円にしたりしている

我が家は夫の小遣いが40000円なので「食費かよ」って突っ込んでしまいそうになるんだけど。そこはもう働いて下さる本人が譲れないそうなので(本当はもっと欲しいけど我慢してるんだと。)これは少ないのでしょうか?多いのでしょうか?他の家計見たことないからわからない。。。

 

「日用品」は正直波がすごくて今月はいけそうだなっていう月にまとめ買いしちゃうことが多い。なので月によってアップダウンがあるなぁ、、、無駄づかいはそれこそダイソー系だと思う。とにかくやめたのは飾る系の雑貨買うの。

ママ友家に呼ぶこともなくなったしね(;^ω^)

かわいいの飾るとテンション上がるけどそれは私だけで別に家庭的にはそんな必要ないんだと思う

 

「衣服費」はこればっかりは私のせいとおもう。別に高いものを買っているわけではないけど「その服いる?」「一日家にいるだけの消費するだけの人間に果たしてその服は必要なのか」って考えるといらない。なんなら高校ジャージで過ごしてもいいわけじゃんね?まぁ幼稚園の行事行ったりお迎え行ったりするからずっとそれは無理なんだけど

 

「妻の小遣い」に関してはほんと要るの?え?何に使います??

引きこもりでしょ?って感じなんですが

私も一応は在宅で仕事をしていて月3万円を家計に入れています

前はもう少し多かったのですが(4-5万)、、、転勤で一つ仕事できなくなってしまって(´;ω;`)

はて。それが何代になるの?という感じだけど幼稚園の費用と思ってその金額を入れているのですが!!(まあ都会の幼稚園高くてそれじゃ足りないんだけど...)

だから多少は本買ったりしてもいいんじゃなかろうか!

ママ友とカフェいってもいいんじゃなかろうか!!

ドトールでコーヒー飲んでもいいんじゃないだろうか!!

と思って、生活費から出すのは結局自分のじゃない「我慢」が勝ってしまうので「お小遣い」という枠でもらってます

お小遣い3000円です。

 

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ